DETAIL

プレスリリース

Fast, Strong, Slim CMS「Spearly(スピアリー)」のβ版提供をはじめました。

2019-05-10 15:00

Fast, Strong, Slim CMS「Spearly(読み方 スピアリー、URL https://spearly.com)」のβ版提供をはじめました。

概要

Web制作者のためのツール「universions(ユニバージョンズ)」や「Snapup(スナップアップ)」を運営する株式会社ユニマル(本社:鹿児島県鹿児島市、代表取締役:今熊 真也、以下「ユニマル」)は、「Spearly(読み方 スピアリー、URL https://www.spearly.com)」のβ版提供をはじめました。

詳細

Spearly(スピアリー)とは

CMS(コンテンツ管理システム)の導入および運用コストを劇的に削減するため、更新があるコンテンツ部分だけを動的差し替えます。チューニングされたエンジンが高速でコンテンツ表示を実現します。
コンテンツ自体に関してはクラウドで提供される当社の管理画面から追加管理でき、Web制作全体には影響を及ぼさない形で管理・運用を行う、クラウド提供型の新しいコンテンツ管理システム「Spearly(https://www.spearly.com)」です。

背景

先日発表したさくらインターネット様とのSnapupの業務提携版1万アカウント突破という事実や、当社に寄せられる様々なご要望、ご意見などを通して、Web制作に携わる利用ユーザー様が運用や事務的な作業よりクリエイティブな業務に注力したいという強い思いを感じてまいりました。 そして当社が提供いたします次のWeb制作のツールとは、「コンテンツ」の管理です。
WordPressをはじめ様々なインストール型CMSを用いた構築がWeb制作業界の主流となっており、現在も拡大を続けております。サーバーインフラを提供する事業者も特定のCMSに特化(チューニング、インストールの簡易化など)したプランを出して競争を図っております。しかしながらその主流がセキュリティインシデントのターゲットになることや、サーバーインフラの運用を意識しなければならない現状があります。
わたしたちはWebパーツのマイクロサービス化、Webのサーバーレスを目指し、クラウド提供型の新しいコンテンツ管理システム「Spearly(https://www.spearly.com)」を提供します。
Spearlyでは「Fast/Strong/Slim」の価値を大事にしており、Web制作のコンテンツを届けることにおける、速いこと/強いこと/軽く必要十分であること。そしてこの価値は制作・導入時にも感じていただけるよう鋭意努力しております。

β版について

■ 費用

無償(一部アンケート等リサーチ協力をお願いする場合があります)

■ β版機能

- JS読み込み/コンポーネントタグ差し替えタイプのCMS機能
- コンテンツタイプ管理機能
- コンテンツ管理機能
- チーム管理機能
- プロジェクト管理機能

上記に付随する複数の機能を有しています

※ β以降の機能ロードマップについては随時更新します

その他サービスページ(https://www.spearly.com)をご覧ください。

ユニマルについて

ユニマルは、「場所をこえる。 人をつなぐ。 」をコンセプトとして鹿児島県出身の2名により鹿児島県で創業したITベンチャー企業です。

社名 株式会社ユニマル ( unimal Co.,Ltd. )
代表者 代表取締役CEO 今熊 真也
設立 2013年5月13日
URL
  • 株式会社ユニマル:http://unimal.jp
  • Web制作チームのためのクリエイティブ・プラットフォーム「universions(ユニバージョンズ)」:https://universions.com
  • ホームページ専用のテストサーバーサービス「Snapup」:https://snapup.jp
  • Webクリエイター向けナレッジメディア「unitopi」:http://unitopi.com

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

株式会社ユニマル 永田

TEL: 099-204-0700

MAIL: info@unimal.jp